mon-ken’s memo

mon-ken’s memo

無印良品とパリのアパルトマンが好き

雑貨)サランラップ

パリに行くときにかならず持参するものがあります。それはサランラップです。 カスピ海ヨーグルトをつくったり、モッツァレラチーズの残りを密封したり、瓶詰パスタソースを電子レンジでチンするときのふたにしたりと、アパルトマンのキッチンで大活躍します…

映画)ローマの休日

とある小国のうら若き王女。自由もプライベートもない過密なスケジュールに耐えかねて、ある夜、表敬訪問中のローマで宿泊先から抜け出します。彼女はそこで生涯忘れることのない1日を経験します。1953年アメリカ映画。不朽(ふきゅう)の名作です。 夜更け…

食事)エビフライ

とんかつとエビフライ。甲殻類(こうかくるい)アレルギーでなければ、いざお店で注文する段になって、どちらにするか迷う方も多いのではないでしょうか。 いまではわりあい日常的に口にするようになりましたが、かつてエビフライはハレの日のごちそうでした…

食事)タコ原理主義

以前、なにかの雑誌でクロアチアの特集を目にしました。 それまで欧米ではスペインとポルトガルの沿岸部くらいしか積極的に蛸(タコ)を食べないと思い込んでいましたが、彼の国(かのくに)、とくにアドリア海沿岸部はタコ好きにとって楽園のようです。 日…

散歩)パリ美術館めぐり3

手入れの行き届いた庭を進むと、あの有名な彫像が緑のなかに現れます。 永遠になにかを考え続けることを宿命づけられた彫刻。360度ぐるりとどこから眺めても彼は考え込んでいました。 ロダン美術館。こじんまりとした館(やかた)のほか、広い庭にも彫刻が点…

散歩)路面電車のある風景

路面電車。ノスタルジックな響きです。チンチンとベルを鳴らし、ゆっくりと進んでいくイメージ。映画「魔女の宅急便」の中では、主人公が降り立った街に真っ赤な車両が走っていました。 日本ではもう廃線になった都市もおおいのですが、ヨーロッパでは中世そ…

食事)カルピス

時代のながれで日常のいろいろは変わっていきますが、時代を超えて愛されてきたものもあります。 カルピスもそのひとつ。かつてのトレードマークは印象的でした。異国の人がこちらを見ながらストローをくわえています。 カルピス。石けん、水ようかんとなら…

食事)一番搾りのオリーブオイル

神楽坂(かぐらざか)の路地裏には隠れ家のようなお店がたくさんあります。たまにランチに行くイタリアンや蕎麦(そば)屋は雰囲気もよく、とてもおいしいのですが、なぜか直後にお腹をこわすことがあります。 もしかしたら原因は油なのかなと思ったりもしま…

音楽)みんなのうた

キッチンに立ったとき、洗濯物をたたむとき、なぜかつい歌を口ずさんでいます。単純作業の反復がそうさせるのかもしれません。 曲はきまって「グリーングリーン」「ちいさい秋みつけた」「手のひらを太陽に」「勇気一つを友にして」など。季節はずれのことも…

雑貨)デンタルフロス

あるときラズベリーパイをいただいていると種(タネ)が奥歯のあいだにはさまりました。パリの優雅なサロン・ド・テでのこと。その日はずっと取れず、せっかくのパリなのにすべてが上(うわ)の空でした。 その後、デンタルフロスの存在を知り、携帯するよう…

食事)ブルーベリー

ブルーベリー。濃い青紫色の丸い粒。今では日本でもすっかり定着していますが、そのデビューはとても鮮烈(せんれつ)でした。 ブームのきっかけには諸説あるのでしょうが、チューイングガムにブルーベリー味が登場したのがそもそものはじまりのような気がし…

散歩)七夕の夜に

近所の保育施設に色とりどりの短冊(たんざく)がつるされた笹が飾ってあります。短冊にはたぶんほほえましい願いごとが書いてあるのでしょう。たとえば、ビッグマックを一人でぜんぶ食べたいとか。 小学校低学年ごろまでは、だれかといっしょにいるだけで楽…

散歩)君の名は

少し前から気になっていることがあります。毎朝どこからともなく聞こえてくる、胸騒ぎを覚えるようなさえずり。 一度も姿を見たことはありませんが、どこからか逃げ出した熱帯雨林原産の鳥でしょうか。パリはオルセー美術館所蔵のアンリ・ルソー作「蛇使いの…

散歩)パリ美術館めぐり2

その美術館の建物はもともとは駅舎でした。 当時のまま残る大きな時計があり、天気のよい日には針の向こうに、はるかモンマルトルの丘を見晴るかすことができます。ひそかにこの美術館のハイライトかもしれないと思っています。逆光にパリの風景が映えます。…

雑貨)ホテル仕様のタオル

タオルならホテル仕様と決めています。ちょっとかためで目が詰まった生地(きじ)。けばも立たず、長持ちです。毎日使うものなので質実剛健(しつじつごうけん)なホテル仕様がぴったりです。 はじめてホテル仕様のタオルに出会ったのは、気の合う仲間で訪れ…


グッドレビュアー プロフェッショナルな読者